azdavis.net投稿

やり甲斐があるなら、少しでもやるべき

(翻訳:English日本語

英語では文句があって:

If it’s worth doing, it’s worth doing well.

訳せばこの意味に近い:

やり甲斐があるなら、完成度高くやるべき。

しかし、この様な考え方は危ないです。それはなぜか、例で説明させてください。

運動の習慣がつけたいとしましょう。何度も運動の利益を耳にし続けてきたから、「一日でどのぐらい運動すればいい」と検索すればこう読む:

一般的な目標として、30分以上の適度な運動を目指しなさい。

そうさせるよう、通知を設定します。そして最初の何日は順調です。

しかしある日は凄く疲れ、30分の運動はできますまい。ストレッチを数分しかやる気がないのです。

運動にはやり甲斐があって、その文句を思い出しますが、そのための力が入らないのです。

そしてそんなに良くできないのならば、今日だけだと思いながら、サボります。

ですが、目標を達成することに失敗したから、やる気がもうなくて、やめてしまいます。

こういうのはあるあるではありませんか。私は気づかずやったことがあります。

問題

問題は、文句の推薦する考え方にあります。

やり甲斐があるなら、完成度高くやるべき。

私達はそう聞き、こう思ってしまいます:

完成度高くやれないのなら、やらない方がいい。

つまり完璧でなければなりません。

解決

私は別の考え方を好みます。

やり甲斐があるなら、完成度が高くなくてもやるべき。

或いは:

やり甲斐があるなら、少しでもやるべき。

先の例では、運動を抜くのではなく、やれるだけをやります。それは5分、3分、1分だとしても。

目標は「毎日ブログの投稿を書く」であれば、文章をいくつ書くか、せめて一文字でも、何もしないよりマシです。

この様な考え方はいいと思います。少しずつ進み続けることにより、「零の日」を避け、上と右への方向を辿るのです。📈