azdavis.net投稿

日本語を学ぶ為の資料

日本語と日本の文化を勉強するのが好きです。時間を掛けて、役に立つ資料を見つけました。

Jisho

サイト

普通の和英辞書です。逆も行けます。簡単なインタフェースで、コンテンツも良いです。

Tofugu: Learn the Kana

日本語には書記体系は三つあります。その中、ひらがなとカタカナを合わせてかなと呼ばれます。それぞれ46文字があり、一致しています。例えばひらがなの「あ」はカタカナの「ア」に一致していて、どれも「a」の音を持ちます。

かなをどう読むかを最初に学ぶべきです。

Guide to Japanese

サイト

文法資料として良いです。課題は易しいのが先です。

最初の課題んは例題があり、どの課題でも英語の例文と説明があります。

「良くある英語の何かをどう日本語に訳すか」だけに集中してないから、この資料が気に入りました。日本語を基礎から教えていきます。

この教え方と普通の教え方の違いのいい例は、どう丁寧語が教えられているかということです。

日本語には丁寧語があり、丁寧だから多くの教科書はそれを最初に教えるのです。

しかし、後々「普通の言葉」、つまり辞書に載っている言葉が教わることになる時に、やっとそれが言葉の本当の姿であり、丁寧語はそれに基づく物だということに気が付きます。

このガイドはまず辞書形を教え、後でそれからどう丁寧語を作るのかを教えるのです。

WaniKani

サイト

部首、漢字、そして言葉を教えます。レベル2以降は有料です。

払いたくないとしても、日本語を勉強すると思えば、漢字をたくさん学ばなければいけません。そして漢字を覚える為に最も大事なのはこれです:

英語と違って、文字ではなく、部首は表記法の最も小さな物なのです。

それを知らずに漢字そのものを覚えようとしたことがあります。漢字を覚えるというのは

例えば「議」の字は

この時の部首は「言」と「義」です。

いくつかの漢字は小さな絵みたいです:

でも「議」と他の多くの漢字は形声の漢字です。それは、二つの部首により作られており、一つは意味のヒントでもう一つは読みのヒントだということです。

部首は大変大事です。記事もあります。

NHK News Web Easy

サイト

日本語のニュースです。記事は短いです。読みの練習に役立ちます。聞ける記事もあり、振り仮名をトグルできます。

YouTube

日本語の YouTuber はたくさんいますが、私は時にMina Luna JapaneseNakata Universityの動画を視聴します。